古川佳奈美がハマったパラ卓球の魅力 「しゃがみ込み」で世界と対じ、勝利重ねて「楽しい」

引用元:TOKYO 2020
古川佳奈美がハマったパラ卓球の魅力 「しゃがみ込み」で世界と対じ、勝利重ねて「楽しい」

 パラスポーツは、1度見たらきっとハマる! オリンピックの競技とは異なる見どころが多く注目度も年々増している。選手が考える競技の魅力とは? やっていて楽しいと感じるときは? 現在23歳の古川佳奈美は、中学校入学と同時にパラ卓球を始め、2018年の世界選手権の知的障がいクラスで銅メダルを獲得。出場が内定している東京2020パラリンピックでも活躍が期待される。そんな彼女がなぜパラ卓球に心奪われ、「ハマった」のか。

運動大好き、中学校で競技と出会う

 パラ卓球が対象とする障がいは幅広く、車いすと立位による肢体不自由クラスと知的障がいクラスに大別されている。パラリンピックの中で、知的障がいクラスがある競技は陸上と水泳、そして卓球だけ。古川はその知的障がいクラスで世界に挑み続けている。

「試合に勝ったとき、周りに喜んでもらえる瞬間が最高かな。知らない技を覚えて、それが相手に通じたときも嬉しいです」

 小学校のときに軽度の知的障がいと、自閉スペクトラム症(発達障がいの1つで、対人関係が苦手、強いこだわりを持つといった特徴がある)と診断された。中学校入学と同時に、それまでスポーツ経験はなかったが、体を動かすことが大好きだったことから、運動部に入ろうと決意。様々な部活動を見学した結果、卓球部に入部したことが、競技との出会いとなった。

 始めた当初、苦労したことがある。用具の名前や競技用語、審判のやり方をなかなか覚えられなかった。そんなとき、周りの仲間が力を貸してくれた。「同級生がすごく優しかったので、何回聞いても、しっかりと教えてくれました。また、一緒に部活をやっていた一歳下の妹もサポートしてくれましたね」。

 環境に恵まれた。当時のコーチは古川に対して「好きにしていいよ」と接し、部員数も少ないことで1年生から公式試合に出場できた。「勝ったときには、先輩たちから褒められました。そんな経験をすると、これが試合なんだと、だんだん楽しくなりました」。こうして卓球にのめり込んでいった。