「いつもより動きが悪かった」田中希実が1500メートルVも、消極的レースに笑顔はお預け

引用元:THE DIGEST
「いつもより動きが悪かった」田中希実が1500メートルVも、消極的レースに笑顔はお預け

 5月9日、東京五輪の陸上競技テストイベント『READY STEADY TOKYO』が国立競技場にて開催。女子1500メートルでは、五輪代表の田中希実が、4分9秒10で優勝を飾った。

【PHOTO】東京五輪での躍動を期す陸上スターたちを一挙紹介!

 積極的なレースが持ち味の田中だが、この日は珍しく、序盤は外国人選手の後ろについた。800メートル過ぎにようやく先頭に立つと、徐々に後続との差を広げ、最後までスピードを落とさずにフィニッシュ。

 

 優勝するも、レース後は「最初から余裕が無かったので、いつもより動きが悪かったかな」と反省した田中は、「余裕が無い中でも勝ちきれたのは良かったんですけど、目標タイムよりは凄く悪かったと思うので、しっかり今後の課題にしていきたい」と前を向いた。

 5000メートルで東京五輪の代表権を持つ田中は、「このあと5000のレースで凄いタイムが出ると思うので、それをしっかりと目に焼き付けて次に向けて頑張りたい」と語っている。

構成●THE DIGEST編集部

 

フォローする