金井大旺 110m障害で日本新記録!「予想外でした」 五輪参加標準も突破

金井大旺 110m障害で日本新記録!「予想外でした」 五輪参加標準も突破

 ◇陸上 第55回織田幹雄記念国際大会(2021年4月29日 エディオンスタジアム広島)

 男子110メートル障害決勝は金井大旺(25=ミズノ)が日本新記録となる13秒16(追い風1・6メートル)で優勝。五輪参加標準記録(13秒32)も突破した。金井は「想像以上に記録出た。予想外の記録でした」と驚きの表情を浮かべた。

 金井はスタートから1人飛び出すとぐんぐん加速。予選はスタートが良くなかったといい「そこを修正しようという気持ちだった」と好記録につなげた。

 金井は東京五輪を機に歯科医を目指すことを明言している。「今年で競技人生のラストシーズン。悔いの無いように出し切りたい」と力強く語っていた。

フォローする