前日本記録保持者・金井大旺 全体トップタイで決勝進出 男子110メートル障害

前日本記録保持者・金井大旺 全体トップタイで決勝進出 男子110メートル障害

 ◇陸上 第55回織田幹雄記念国際大会(2021年4月29日 エディオンスタジアム広島)

 男子110メートル障害予選が行われ、前日本記録保持者の金井大旺(ミズノ)が全体トップタイとなる13秒55で決勝に進んだ。金井は今季屋外初戦となった17日の法大競技会で13秒36(追い風1・3メートル)をマークしている。

 泉谷駿介(順大)も追い風0・7の条件下で13秒55の同タイムをマークした。決勝は同日午後3時5分から行われる。

フォローする