森喜朗会長、トライアスロンと馬術の時間早める検討

引用元:日刊スポーツ
森喜朗会長、トライアスロンと馬術の時間早める検討

大会組織委員会の森喜朗会長は1日、調整委員会後の会見でトライアスロンと馬術のスタート時間を早めることを検討していると明かした。

いずれも暑さ対策のためで、トライアスロンは男女個人戦を午前6時半、混合リレーを同7時半といずれも1時間早める意向。馬術は午前8時半開始の総合馬術の耐久レースを同7時半から8時の間にスタートすることを検討している。国際競技連盟(IF)などとも協議し、12月のIOC理事会での承認を目指す。

フォローする