赤井 男子1500アジア新V、砲丸投げは大井制す ジャパンパラ陸上

 陸上のジャパンパラ大会は24日、香川・屋島レクザムフィールドで開幕し、男子1500メートル(知的障がいT20)を赤井大樹(22=十川ゴム)が3分53秒35のアジア新記録で優勝。男子砲丸投げ(座位F53)では、東京パラリンピック出場を狙う72歳の大井利江(北海道・東北パラ陸協)が6メートル61で制したが、参加標準記録(7メートル12)は突破できなかった。

フォローする