【陸上】東海大・市村朋樹 4年目にして大学初の10000レースで好タイム ラストイヤーは実力を示し集大成を

引用元:4years.
【陸上】東海大・市村朋樹 4年目にして大学初の10000レースで好タイム ラストイヤーは実力を示し集大成を

4月10日に日体大横浜健志台キャンパスで日本学連10000m記録会があり、東海大学の市村朋樹(4年、埼玉栄)が28分03秒37で全体6着、学生では早稲田大の井川龍人(3年、九州学院)、駒澤大の鈴木芽吹(2年、佐久長聖)に次ぐ3着に入った。大学ラストイヤーを迎えた市村に、レースの振り返りと今後の目標について聞いた。

4年目にして10000m初レース

市村が10000mのレースを走るのは、大学4年目にして初めてだった。前回10000mを走ったのは埼玉栄高3年時の6月で、30分28秒03。「でもその時も大学生のペースについていって出た記録で、『レース感覚』という感じはなかったです。今回が実質的には初めての10000mのレースという感じです」と話す。これまでも何回か10000mのレースに出ようとしていたが、そのタイミングでけがをしたりと、なぜか縁がなかった。

市村自身は経験がないこともあり、スタート前には「出せて28分30秒程度だろう」と思っていた。タイムを狙うというよりは、5000mまで理想は13分台、最低でも14分10秒を切るように走ろうと決めてスタートした。ペースメーカーがつき、1000m2分48秒ペースで引いた。

5000mの通過は14分04秒。思ったより余裕を持って走れている自分に気づいた。そのあと3000mで苦しくなるかと思ったら、変わらずに走れた。最後の2000mも大きく落ち込まずにいけた。ラスト1周になって、鈴木よりも早く前に出てスパートしたが、持たなくて最後に離された。

「あとから考えたら、焦らないで耐えて得意な(残り)300m、200mぐらいで(スパートを)かければもっといい結果になったと思うんですが、判断ミスだったと思います」と振り返る。ラストの直線ではじめてゴール横のタイマーを見て、予想外の良い記録だと気づいた。28分03秒37は村澤明伸、佐藤悠基(ともに現・SGホールディングス)に次ぐ東海大学歴代3位のタイムだった。

「記録を狙っていたわけじゃなかったので、ちゃんと課題を見つけられたレースだったと思います」。市村は練習でもロードレースでも10km以上の距離は走っているが、トラックレースの10000mのスピード、駆け引きは5000mとはまた違うなと感じたという。

次ページは:大学の集大成として、5000mで結果を残す

1

/3ページ

フォローする