東海大4年間は「うまくいかなかった」記憶のほうが大きい 佐藤悠基が語る大学時代

引用元:4years.
東海大4年間は「うまくいかなかった」記憶のほうが大きい 佐藤悠基が語る大学時代

常に日本男子陸上長距離界の第一線を走り続けてきた佐藤悠基(34)。彼はどんな思いで競技に取り組んできて、そして今後何を目指していくのか。ロングインタビューの第3回は、今も残る箱根駅伝1区の区間記録のこと、そして大学時代に陥ったスランプについてです。

思いがけず単独走になった箱根1区

東海大2年の秋には、出雲駅伝のアンカーを走り区間賞。優勝のゴールテープを切った。そして翌年の箱根駅伝、佐藤の姿はスタート地点にあった。区間配置は監督とコーチが決めたので、特に希望していたわけではないのだ、と当時のことを思い出す。前年の箱根駅伝の前と同様、調子はよくなかった。どれぐらいよくなかったかというと、最終の刺激で5km15分かかるほどだった。「だからノープランで、最初の10kmはついていって、あとの10kmは考えよう、って思ってました」

読売新聞社前をスタートして、すぐ左折。と同時に、東洋大の大西智也が飛び出したので、佐藤もそこについた。「よく、飛び出すことは決めてたのか? って聞かれるんですけど、全然決めてなかったんですよ」。200mぐらい大西と並走したら、後ろがすでに離れていた。「1km、2km走ってみたら意外と動きがよくって、行っちゃえって」。2kmすぎて大西を引き離すと、あとは終始単独走になった。

「7kmぐらいで後ろを見たらまったく見えなかったので、自分のリズムだけに集中して気持ちよく走れましたね」。途中で足の痙攣は襲ってきていたものの、結果的にそれまでの渡辺康幸さん(現・住友電工陸上部監督)が持っていた記録を7秒更新し、1時間1分06秒の区間新記録を樹立。2位に4分1秒の大差をつけたが、これは「たまたま後ろが牽制してたから」だという。

この時の記録はまだ破られておらず、2021年時点では箱根駅伝の最も古い区間記録となっている。今でも記録が残っていることについて、どう思いますか? そうたずねると「破られたら破られたで多少悔しいと思うけど、破ってもらわないと困るな、とも思います。チャレンジしていってほしいですね」。自分も高い壁にチャレンジしていったから強くなれたという気持ちがある。「でも、記録が残ってるおかげで今でも箱根駅伝関連のお仕事をいただけたりもするので、残っていて欲しい気持ちも多少ありますね」とすこしお茶目な一面も見せる。

次ページは:謎のスランプに襲われ、満足いく走りができない日々

1

/3ページ

フォローする