【大学駅伝】クローズアップ/競技人生の集大成を迎える帝京大・遠藤大地「『やりきった』という思いで終われるような1年にしたい」

引用元:月刊陸上競技
【大学駅伝】クローズアップ/競技人生の集大成を迎える帝京大・遠藤大地「『やりきった』という思いで終われるような1年にしたい」

 これまで箱根駅伝3区で快走を続けてきた帝京大の遠藤大地(4年)。学生長距離界でも屈指のポテンシャルを持つ逸材だが、大学卒業とともに競技の引退を明言している。競技者としての集大成となる学生ラストイヤーをどのように飾るつもりなのか。

【写真】数々のドラマが生まれた第97回箱根駅伝

箱根駅伝3区で3度の快走

 3年前、帝京大・遠藤大地のルーキーイヤーにおける活躍には目覚ましいものがあった。

 宮城・古川工高時代は、高3時に5000mでインターハイに出場しているが、全国的には無名の存在だったと言っていい。それが大学入学後に自己新を連発すると、6月の全日本大学駅伝関東地区選考会では1組に登場して2着以下に100m近い差をつける衝撃的なレースを披露。11月には10000mでこの年のルーキー最速となる28分34秒88の好記録をマークした。

 駅伝でも快進撃は続く。デビュー戦の出雲駅伝は1区11位どまりだったが、全日本は主力級が集う4区で区間3位と好走。さらに箱根駅伝では3区で区間3位と活躍し、14位から8人を抜いて6位まで押し上げた。

 2年時、3年時は、年間を通してみると1年時ほどのインパクトは残せなかったが、箱根駅伝になると、またしても3区で圧巻のパフォーマンスを発揮した。

 特に2年時は、驚異の区間新を樹立したイェゴン・ヴィンセント(東京国際大)に抜かれはしたものの、区間2位ながら2019年に森田歩希(青学大)が保持していた日本人最高記録を3秒上回る1時間1分23秒(21.4km)で走り切った。近年の箱根駅伝は3区にエース級を投入するチームが多く、竹澤健介(早大)、佐藤悠基(東海大)、設楽悠太(東洋大)、大迫傑(早大)、中村匠吾(駒大)といったオリンピアンも走っている。もちろん気象条件は違うので一概に比較はできないが、遠藤は、記録上は彼らを上回るパフォーマンスを見せたことになる。

 今年の箱根でも区間順位は4位だったが、それまでの不調が嘘のような快走で、8人抜きの活躍を見せた。

「箱根は、『4年間で1回走れたらいいな』ぐらいに考えていました。今振り返ってみても、ああいう走りをできたという実感がないですね」

 遠藤は過去3回の箱根をこう振り返るが、その口調はどこか他人事のようにも聞こえる。次ページは:陸上は高校から本格的にスタート

1

/2ページ

フォローする