3度目の五輪目指し一途に跳ぶ…棒高跳びの山本聖途選手

 1年延期された東京五輪の開幕まで、14日で100日となった。各競技で代表争いが続く中、陸上男子棒高跳びの山本聖途(せいと)選手(29)(トヨタ自動車)は3度目の五輪出場を目指す。「聖火台に向かって一途(いちず)に」と命名された日本のエースは、国立競技場で、初めて五輪で跳躍に成功する姿を思い描いている。(石坂麻子)

けが回復「状態はいい」

3回目の五輪出場を目指す棒高跳びの山本選手(13日、愛知県豊田市で)=中根新太郎撮影

 13日午前、その姿は愛知県豊田市の体育館にあった。ストレッチで体をほぐし、何度も踏み切りの動きを確認。今夏の五輪への思いを聞くと、「足をけがしていた昨年より状態がいい。五輪の延期は、自分にとってはよかった」と語った。 両親が五輪出場の夢を託して名付けた。2012年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪と、2大会連続で出場した息子について、短距離選手だった父、久義さん(58)は「自分より選手としてはるかに上だ」と目を細める。 だが、両大会とも山本選手にとっては苦い思い出だ。 初の海外大会でもあったロンドン五輪では、助走距離を測る巻き尺がフィート表記で、いつものメートルに換算しようと焦る間に回収されてしまった。勘で決めた位置からスタートしたが、普段は軽く跳べる高さを3回とも越えられず、「記録なし」に終わった。 13年世界選手権で6位に入り、16年1月に自己ベストの5メートル77を記録して迎えたリオ五輪。好調だと感じていたが、助走位置に立った瞬間、前回の失敗が頭をよぎった。「気持ちが萎縮し、体が思うように動かなくなった」。再び一度もバーを越えられなかった。 「やめようかな」。自信を失い、引退が頭をよぎった。走り幅跳びの選手だった母、ひろみさん(58)にLINEで伝えると、「全力でサポートする。決めるのはまだ早いんじゃないかな」と諭された。 「今度こそ記録を残したい」。選手生活の集大成と位置付けた東京五輪だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で昨年3月に1年の延期が決まった。練習拠点の大学が利用できなくなり、公園や道路を走るしかない日々。棒を使った練習は約半年間できなかった。

1

/2ページ

フォローする