マラソン・競歩の発着点、本格工事始まる…札幌・大通公園

 札幌市で8月に開催される東京五輪のマラソン・競歩に向け、発着点となる大通公園で12日、会場の設営工事が本格的に始まった。 発着点そばの大通西4丁目では朝、作業員が通行人の立ち入りを防ぐ看板を設置。芝生がはがされた地面に工事の機材を置き、通路にシートや鉄板を敷いた。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会によると、大通西2~4丁目のエリアには、医務室が入るプレハブや放送機材などを設置する。西2、3丁目エリアは5月に工事が始まり、設備を撤去するまで立ち入りが禁止される。