兎沢、女子走り幅跳び優勝 パラ陸上

引用元:時事通信
兎沢、女子走り幅跳び優勝 パラ陸上

 パラ陸上の日本選手権最終日は21日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、走り幅跳び(義足T63)の女子は兎沢朋美(日体大)が追い風参考記録の4メートル52で優勝した。前川楓(チームKAITEKI)が2位。同種目の男子は山本篤(新日本住設)が制した。

 女子走り幅跳び(視覚障害T11)は高田千明(ほけんの窓口)が優勝。男子やり投げ(上肢障害F46)は山崎晃裕(順大職)が55メートル81で勝った。男子1500メートル(車いすT52)は佐藤友祈(モリサワ)がただ一人出場し、3分48秒09で自身の世界記録更新はならなかった。 

フォローする