大会後に五輪コースで「セレブレーションマラソン」も マラソンと競歩は札幌開催

大会後に五輪コースで「セレブレーションマラソン」も マラソンと競歩は札幌開催

 2020年東京五輪の暑さ対策としてマラソンと競歩の開催地を札幌市に変更する国際オリンピック委員会(IOC)の計画を巡り、東京都、IOC、大会組織委員会、政府の4者協議が1日、東京都内で開かれ、2種目の札幌開催が正式に決まった。

 IOCのトーマス・バッハ会長とこの日の朝に連絡を取ったという東京都の小池百合子知事は、五輪のコースを採用した「セレブレーションマラソン」を大会閉幕後に開催することを提案されたと明かした。詳細は未定も、東京開催を期待した都民らへの配慮という。

 IOCは、移転に関わる費用は都に負担させないとした。これまでの支出も精査した上で、五輪以外で活用できないものは都に負担させない。マラソンと競歩以外の競技は、会場を変更しないことも決めた。

 札幌開催に反発してい小池知事は「IOCの決断をさまたげることはできない。合意なき決定」と話した。

フォローする