マラソン・松田瑞生 独走優勝も涙

マラソン・松田瑞生 独走優勝も涙

14日、名古屋ウィメンズマラソンが行われ、東京五輪代表補欠の松田瑞生選手(25)が2時間21分51秒で優勝を果たしました。

自己ベストは去年1月に行われた大阪国際女子マラソンでの2時間21分47秒で、大会前の会見では「過去の自分を超えて優勝する」と話していた松田選手。レースは、13キロ手前から松田選手と佐藤早也伽選手(26)との一騎打ちに。しかし、22キロ過ぎから松田選手が独走態勢に入り、そのまま逃げ切りました。

記録は2時間21分51秒で惜しくも自己ベストに4秒届かず、ゴール後に山中美和子監督(42)と交わした言葉を聞かれると「過去の自分を超えられず、本当にごめんなと言いました」と涙ながらに話しました。

去年はあと一歩のところで東京五輪代表に入れず、補欠選手となった松田選手は「どん底に突き落とされたからこそ、這(は)い上がる自分の姿を見て、少しでも多くの方が前向きな気持ちになれるような走りが続けていけたらと思っています。また、最高の笑顔をお届けできるようがんばりますので引き続きご声援よろしくお願いいたします」と松田選手らしく笑顔で前を向きました。

写真:森田直樹/アフロスポーツ

フォローする