横田真一、穴井夕子夫妻の長男が青学大陸上部に入部

引用元:日刊スポーツ

プロゴルファー横田真一(49)とタレント穴井夕子(46)の長男知己が、箱根駅伝を制するなど、近年圧倒的な実績を誇る強豪・青学大陸上競技部に入部したと、親子がそれぞれのSNSで明かしている。

横田が6日に、長男の投稿をリツイートする形で紹介。「息子が青山学院の駅伝部に入寮出来た。同級生は皆んな全国のトップレベルで大変だと思うけど頑張って!!」と、応援した。

知己は5日に自身のツイッターで「本日青山学院大学陸上競技部に入寮させていただきました。スタートラインは他のメンバーより大分後ろになってしまいましたが、人一倍覚悟を持って一日一日を大切に過ごしたいと思います。最高の4年間にします」と記している。

母の穴井もブログで、5日に「息子が入寮しました」との題名で報告。「トップクラスの陸上部に入ってしまったので、相当苦労すると思いますが、本人がそれでもいいと希望したことなので応援して見守るだけです」「ずっと憧れていたんだと思います。青山が強くなったから目指したのではなく、本人本当に小さいときから駅伝のファンでした」などとつづり、母の優しさで愛息の門出を後押ししている。

フォローする