日本新 鈴木健吾「自分が一番びっくり」

日本新 鈴木健吾「自分が一番びっくり」

第76回びわ湖毎日マラソン(滋賀・大津市)が28日に行われ、鈴木健吾選手(25)が2時間4分56秒の日本新記録で優勝。日本人初の2時間4分台の快挙に、「正直自分が一番びっくり」と笑顔を見せました。

来年から大阪マラソンとの統合が決まり、びわ湖畔を舞台に行われるのは最後となった、びわ湖毎日マラソン。

鈴木選手はレース終盤までトップ争いを繰り広げると、36キロ過ぎに勝負を仕掛けました。2位で給水所に差し掛かり、給水に失敗した鈴木選手は、「どこかのタイミングで(前に)出たいと思っていて、ちょうど給水を取り損ねたので、そのタイミングでいくしかないと思っていった」と、スパートをかけ、一気に先頭に躍り出ました。

ミスにも動じなかった鈴木選手は、「(トップを争う2人の)顔色をみて、いけると思っていた」と、冷静に勝負所を見極め、独走態勢に入りました。

その後は一度もトップの座を譲らず、日本新記録となる2時間4分56秒で初優勝。このタイムは、東京五輪マラソン代表に内定している大迫傑選手が持つ前日本記録2時間5分29秒を30秒以上更新し、日本人では史上初の2時間4分台となりました。

自己ベスト(2時間10分21秒)を大きく更新し、「本当にこんなタイムが出ると思わなかったので、正直自分が一番びっくり」と笑顔を見せた鈴木選手。「最後の大会で日本記録・大会記録を出せたことを本当に誇りに思う。東京五輪の代表にはなれなかったが、気持ちを切り替えて、パリ五輪を見据えて練習しているので、しっかりコツコツやっていきたい」と、さらなる飛躍を誓いました。

日本人初の2時間4分台をマークした鈴木選手について、日本陸上連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、「最後の琵琶湖にふさわしい大会になった。歴史を変える4分台ですよ。すごいですね。見事です。日本のマラソンの歴史を変えてくれた走り。これから3分台に向かっていく戦いになる」と、称賛しました。

また、2時間5分29秒の日本記録保持者だった大迫傑選手(29)は、「鈴木健吾くん、並びにスタッフの皆さん日本記録おめでとうございます!」と自身のインスタグラムで祝福。さらに、「日本記録を更新された事は悔しい事だけど、こういう気持ちが僕をいつも強くしてくれました。強さとは自分の弱さを認める事、他人の強さを認める事。そして同時に自分の可能性を信じる事。これを機にまた強くなれる様に頑張ります!」と投稿しました。

写真:アフロスポーツ

フォローする