大阪国際女子マラソン上位成績、トップ10のうち8位までが2時間30分切り

大阪国際女子マラソン上位成績、トップ10のうち8位までが2時間30分切り

 大阪国際女子マラソンが31日、大阪市・長居公園内スタートし、ヤンマースタジアム長居でフィニッシュする周回コース(42・195キロ、1周2・8キロを約15周)で行われ、東京五輪女子マラソン代表の一山麻緒(23=ワコール)が大会新記録の2時間21分11秒で初優勝した。野口みずきが保持していた2時間19分12秒の日本記録更新はならなかった。2位には、同じく五輪代表の前田穂南(24=天満屋)、3位には自己記録を大幅に更新した阿部有香里(31=しまむら)が入った。

【上位成績】

(1)2時間21分11秒 一山麻緒(23=ワコール)

(2)2時間23分30秒 前田穂南(24=天満屋)

(3)2時間24分41秒 阿部有香里(31=しまむら)

(4)2時間24分52秒 上杉真穂(25=スターツ)

(5)2時間26分14秒 萩原歩美(28=豊田自動織機)

(6)2時間26分42秒 和久夢来(25=ユニバーサルエンターテインメント)

(7)2時間28分26秒 池満綾乃(29=鹿児島銀行)

(8)2時間29分52秒 松田杏奈(26=京セラ)

(9)2時間31分07秒 谷本観月(26=天満屋)

(10)2時間31分56秒 兼重志帆(31=Grlab関東)

フォローする