異例の周回コース 日本記録期待の大阪国際女子マラソンがスタート 川内ら先導

 「大阪国際女子マラソン」(31日、長居公園)

 東京五輪代表の一山麻緒(23)=ワコール、前田穂南(24)=天満屋=らが参加し、異例の周回コースでスタートした。今回は、新型コロナウイルス感染予防の一環として、従来の市街地を走るコースを変更。同公園の1周約2・8キロの園路を約15周して、ヤンマースタジアム長居にゴールインする。高低差の少ないコースで、幅の狭い園路で距離のロスが少ないことなどから、選手は野口みずきの日本記録2時間19分12秒(2005年ベルリン)の更新を目指す。

 また、今回はペースメーカーに大会史上初めて男子を起用。第1集団を川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=ら3人の男性ペースメーカーが先導している。長居公園内、ヤンマースタジアム長居でレースの観戦はできないよう規制されている。

フォローする