日本陸連が室内選手権延期を決定「感染状況から難しい」 3月に同じ大阪で開催へ…

引用元:スポーツ報知
日本陸連が室内選手権延期を決定「感染状況から難しい」 3月に同じ大阪で開催へ…

 日本陸連は13日、今年2月6~7日に大阪で開催予定だった日本室内選手権(大阪城ホール)を、3月17~18日に延期すると発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえ、感染症専門医を招いて協議。「全国各地から日本選手権(124名)・ジュニア(385名:U20/U18/U16)の選手が約500名、選手関係者(監督・コーチ・引率など)を含めると1000名以上が集まる大会を室内で、当初予定した日程により開催することは、現在の新型コロナウイルス感染状況から難しいと判断いたしました」とした。

 実施種目や会場などの変更はなく、エントリーも現段階のものが有効。新たな申し込みは受け付けない。現在発表されているエントリーリストには、男子走り高跳びの戸辺直人(28)=JAL=、男子走り幅跳びの橋岡優輝(21)=日大=ら各種目の日本記録保持者も名を連ねている。報知新聞社

フォローする