箱根駅伝は「どちらのナイキ厚底を選ぶか」が明暗を分けた? 10区で逆転、駒澤大に“ミス”がなかったワケ

引用元:Number Web
箱根駅伝は「どちらのナイキ厚底を選ぶか」が明暗を分けた?  10区で逆転、駒澤大に“ミス”がなかったワケ

 正月の箱根駅伝は駒大が最終10区で3分19秒差を大逆転。創価大の初優勝を阻んで、13年ぶり7回目の総合優勝に輝いた。区間賞を獲得した駒大・石川拓慎(3年)は「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」を着用してヒーローになった。一方、区間最下位に沈んだ創価大・小野寺勇樹(3年)は「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」を履いていた。両者ともナイキ厚底シューズを着用していたが、明暗がわかれたことになる。

【貴重写真】昔のシューズはペラペラ! ヤンチャそうな茶髪サングラスの徳本、山の神・柏原、1年時のカワイイ大迫、はしゃぐ原監督に眼光がエグい大八木監督…箱根駅伝スターの写真をいっぱい見る!(70枚超)

 今回は往路・復路ともに向かい風に苦しめられたこともあり、前回のような記録ラッシュにはならなかった。そのためシューズはさほど注目されなかったが、その戦いは“シーズン2”に突入したと言ってもいいだろう。

 そのことを理解するために、まずは前回20年大会を振り返ってみたい。出場210人中177人(81.3%)がナイキを着用。気象条件に恵まれたこともあり、10区間中7区間(2、3、4、5、6、7、10区)で区間記録が誕生した。19年大会で9人がアディダスを履いていた青学大は10人全員がナイキを着用。王座を奪還しただけでなく、大会記録も7分近く塗り替えた。

 では、今回の21年大会はどうなったのか。

区間賞獲得者とシューズを見てみると

 出場210人中201人が「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」(以下、ヴェイパーフライ)もしくは「エア ズーム アルファフライ ネクスト%」(以下、アルファフライ)を使用。ナイキの着用率は95.7%に到達した。なお区間賞獲得者とシューズは以下の通りだ。

1区 鎌田航生(法大)アルファフライ

2区 イェゴン・ヴィンセント(東京国際大)ヴェイパーフライ

3区 石原翔太郎(東海大)アルファフライ

4区 ポール・オニエゴ(山梨学大)アルファフライ

5区 細谷翔馬(帝京大)ヴェイパーフライ

6区 花崎悠紀(駒大)アルファフライ

7区 佐伯涼(東京国際大)NBフューエルセル5280

8区 大保海士(明大)ヴェイパーフライ

9区 石津佳晃(創価大)アルファフライ

10区 石川拓慎(駒大)ヴェイパーフライ次ページは:アルファフライとヴェイパーフライは“感覚”が異なる

1
/4ページ

フォローする