駒澤大「平成の常勝軍団」に貢献した糟谷悟さん 闘病、競技復帰、これからの挑戦!

引用元:4years.
駒澤大「平成の常勝軍団」に貢献した糟谷悟さん 闘病、競技復帰、これからの挑戦!

今回の「M高史の駅伝まるかじり」は糟谷悟さん(37)のお話です。駒澤大学では箱根駅伝で2度の区間賞など4連覇に貢献。私、M高史の1学年先輩でもあります。実業団・トヨタ紡織で駅伝・マラソンに打ち込む最中、2013年に血液の癌・悪性リンパ腫が発覚。闘病から競技復帰、そして現在についてお話をうかがいました。

バスケ少年から陸上の道へ

愛知県出身の糟谷悟さん。元々はバスケ大好き少年で、中学に入ってからもバスケ部に入りますが「中学1年の体育祭1500mで速くて、駅伝に駆り出されてから、バスケ部と陸上部兼任になったんです。中学2年から陸上の大会にも出ていたら、気がついたら陸上部になっていました(笑)」。長距離の素質を買われ陸上の道に進むことになりました。

高校は中京大中京高校(愛知)へ。高校の2学年先輩にはのちに駒澤大学でも先輩となる内田直将さん(駒澤大~トヨタ自動車)がいました。「カッコ良かったですね! 内田先輩のような全国区の選手になりたい! 憧れでした!」。憧れの先輩の背中を必死で追いかけました。

高校2年生になるとインターハイで5000m4位、国体で5000m8位、都道府県駅伝1区3位と、トラックでも駅伝でも全国の舞台で上位に。全国区の選手になるという有言実行の活躍でした!

一方、高校3年生のシーズンは「2年の時に頑張りすぎて慢性疲労でした」ということで、前年は入賞していたインターハイに駒を進めることができませんでした。

記録会では10000mで29分10秒05の好記録をマークしましたが、あまり納得いかないシーズンだったそうです。それでも「陸上の楽しさを知り、のめり込むきっかけになりましたね。自分が変わっていく自分の土台となる3年間となりました」と中京大中京高校での3年間を振り返られました。

駒澤大学で箱根連覇に貢献

「高校の先輩・内田さんが駒大ということもありましたし、駅伝でも結果を出したかったので」ということで駒澤大学へ進みました。「有名な先輩ばかりでガチガチに緊張していましたね。高校と大学で全然レベルが違いました」と最初はレベルの差に戸惑いました。

1年目、箱根駅伝に向けて大事な位置づけとなる11月の選抜合宿には選ばれませんでしたが「自分自身を信じ続けました。とりあえず準備を大切にしようと、徹底的にやりました。その結果16名のメンバーにもギリギリで入れました」

そこからさらに調子を上げていき、なんとギリギリ滑り込みで箱根メンバーの座を射止めました。「箱根前、最後の練習で同級生の藤山哲隆くん(現・住友電工陸上部コーチ)に先着して、ギリギリでメンバー入りしたんですよ」

初めての箱根駅伝は雪が舞い散る極寒のコンディション。「アップしても全然温まらなかったですね。走っていても体が動かなくて、終わってタイムを見たら『うわ、やらかした!』と思っていました。ただ、まわりもみんな寒くて動いてなかったですね」と区間2位の箱根デビュー。チームは9区で当時のキャプテン・島村清孝さんが逆転して首位に立ち、箱根連覇を達成しました。

「箱根で優勝することよりもメンバーに入ることの方が大変でした。島村さんの逆転劇はカッコ良かったです。自分もそういう先輩にならないと、と思いましたね!」

2年生の箱根は10区・アンカーを走りました。「余裕を持たせてくれる位置で来てくれて、チームメイトに感謝ですね。ゴールが近づけば近づくほど人が多くて左耳がキーンとなりました。ラスト1kmは苦しさを忘れるくらい気持ちが良くて、できることなら戻って何回も行ったり来たりしたいくらい最高でした(笑)」。糟谷さん自身も区間賞となる走りでチームの3連覇に貢献しました。次ページは:走れなかった同級生の手袋

1

/5ページ

フォローする