【箱根駅伝6区】箱根デビューの東海大・川上「反省点多い」も5位→3位に押し上げる力走

【箱根駅伝6区】箱根デビューの東海大・川上「反省点多い」も5位→3位に押し上げる力走

 ◇第97回東京箱根間往復大学駅伝 復路(2021年1月3日 神奈川・箱根町~東京・大手町 5区間、109・6キロ)

◆6区(20・8キロ、箱根芦ノ湖~小田原中継所)区間記録=2020年・館沢亨次(東海大)57分17秒

 トップから5分23秒差の7位で往路をスタートした順大の清水颯大(4年)は順位を2つ挙げて5位で6区につないだ。タイムも42秒縮める快走で区間2位となり、復路の逆襲に期待を抱かせた。

 4年連続の箱根路となるが、過去3年は7区18位、6区15位、6区12位と苦しい走りが続いた中、最後の大舞台で実力を発揮。「過去3回ふがいない走りをしていた。結果的にチーム順位を押し上げる走りができて、主将として4年としてひとまずホッとしています」と息をついた。

 過去2回の山下りで結果を残すができずに「9区を走りたかった。状況的にかなわなかった」という。6区の覚悟を決めたは箱根1週間前。「監督から6区を走ってほしいと言われた」。開き直って好記録につなげた。

 1、2年生中心の往路は7位。「下級生が頑張ってシード圏内。上級生の威厳を発揮しないと。そういう意味でも頑張れた」。最終学年でようやくチームに貢献し「(これまで)当日に状態を合わせられなくて、陸上を辞めたいと思ったくらい箱根に縁がなかった大学生活。今大会もそういう恐怖心を持ちながら挑んだんですけど、今年の走りで払拭できた。終わり良ければ全て良しじゃないですけど、箱根は精神的にも成長させてくれた」と感慨深げだった。

フォローする