【駅伝】名門・洛南に新たな勲章 12年ぶりに「伝説の記録」を塗り替える/全国高校駅伝

引用元:月刊陸上競技
【駅伝】名門・洛南に新たな勲章 12年ぶりに「伝説の記録」を塗り替える/全国高校駅伝

 12月20日に行われた男子第71回全国高校駅伝で3位となり、22年ぶりのトップ3入りを果たした洛南(京都)。2時間2分07秒は、2008年に村澤明伸(現・日清食品グループ)や大迫傑(現・Nike)らを擁して2時間2分18秒で優勝した佐久長聖(長野)が保持していた日本高校最高記録(留学生を入れない記録)を12年ぶりに更新する好記録だった。

過去2年の悔しさをバネに

 これまで多くのチームがこの「高校記録」に挑戦し、幾度となく高い壁に跳ね返されてきた。留学生の影響力が多くなった近年の高校駅伝において、2009年以降に日本人だけで優勝したのは2010年の鹿児島実(鹿児島)2013年の山梨学院大附(山梨)、2017年の佐久長聖の3校。

 鹿児島実は双子の市田孝、宏兄弟(ともに現・旭化成)を筆頭に力のある選手がそろっており、山梨学院大附も上田健太(現・日立物流)や市谷龍太郎(現・YKK)ら中学時代に全国クラスの実績を残した選手が集結していた。佐久長聖は1区の中谷雄飛(現・早大)など4区間で区間賞を獲得。選手層の厚さを見せつけていた。

 しかし、いずれも2008年の佐久長聖の記録を超えることはできなかった。5000mで13分台を出す高校生が増え、シューズの性能が進化した近年でもそう簡単に更新できるタイムではないことの証でもある。それだけに今回の洛南が成し遂げた快挙は非常に価値のあるものだと言える。

 洛南はインターハイで8度の総合優勝を誇る陸上競技の名門校として知られている。近年では100mで日本人初の9秒台を記録した桐生祥秀(現・日本生命)や走幅跳の高校記録保持者である藤原孝輝(3年)ら名だたる選手を輩出してきた。

 長距離も全国クラスの強豪で、都大路出場は今回が26回目。マラソン元日本記録保持者の高岡寿成(現・カネボウ監督)が3年生だった1988年に2位となったのがこれまでの最高順位だ。

 過去2年は3000m障害の高校記録保持者・三浦龍司(現・順大)がエースとして君臨しており、上位候補に挙げられていた。しかし、主要区間での苦戦が響き、前々回は9位、前回は11位と惜しいところで入賞を逃している。

 今大会のチーム目標は4年ぶりの入賞と2時間3分切り。それだけに「3位や国内最高は意識していなかったので、出来すぎですね」と奥村隆太郎監督も驚く好結果だった。

次ページは:選手層とチームワークで快挙

1

/2ページ

フォローする