世羅が5年ぶり2度目の男女アベック優勝 男子は5年ぶり歴代最多のV10

引用元:スポーツ報知

◆男子第71回、女子第32回全国高校駅伝(20日、たけびしスタジアム京都発着、男子7区間42・195キロ 女子5区間21・975キロ)

 男子は、17年連続50度目出場の世羅(広島)が歴代2位の2時間1分31秒(記録は速報値)で5年ぶり、歴代最多を更新する10度目の優勝を飾った。5年ぶり2度目の男女アベックVを果たした。

 5位でタスキを受けた3区のコスマス・ムワンギ(2年)が4人抜きでトップに立ち、4区以降も首位を守った。新宅昭二監督は「同じ場所で同じ練習をしてきたので、プレッシャーはありました。選手はよく頑張ってくれた」と、目を潤ませた。

 アンカーの塩出翔太(2年)は「とても気持ちいいです。この1年間、優勝するために練習してきた。優勝できてとてもうれしい。1区から6区まで1番でタスキをつないでくれた。自分のペースで確実にいこうと思って走った」と、声を弾ませた。報知新聞社

フォローする