帝京大が“全員駅伝”で目指す箱根駅伝総合3位、攻めの姿勢で往路3位も狙う

引用元:4years.
帝京大が“全員駅伝”で目指す箱根駅伝総合3位、攻めの姿勢で往路3位も狙う

前回の箱根駅伝で帝京大学は過去最高タイの総合4位だった。しかしチームにあったのは、3位の國學院大學と3秒差だったことへの悔しさ。主将の星岳(4年、明成)はまっすぐ前を向いて言った。「國學院がゴールするシーンに帝京もいたんです。その悔しさを常に心の内に秘めてやってきました」。今大会で帝京大は「総合3位」、更に往路から攻めるという思いを込めた「往路3位」という目標を掲げている。

コロナ禍の中、選手自身が考え、ミーティングで意識統一

帝京大は3月下旬より練習環境が制限され、緊急事態宣言を受けてから一部の選手は家族や本人の強い希望で帰省したが、ほとんどの選手は寮に留まり、日常でも練習でもソーシャルディスタンスを徹底。今シーズンを戦い抜くために、「外食禁止」「公共機関の利用禁止」を選手自身が定めた。様々なことを我慢しながら箱根駅伝に向けて自分を律する学生の姿に触れ、中野孝行監督は学生たちの本気を受け取った。

集団での練習を再開できたのは6月19日になってから。それまでの約3カ月、中野監督は「目標とするレースがない中でメニューを出しても、私の自己満足でしかない」と考え、練習メニューを出さず、選手たちの自主性に任せていた。中には3日連続で走っていない選手も見受けられ、選手一人ひとりのモチベーションに差を感じることもあったという。それでも「成長するためには自分で感じとらないといけない」という思いから、あえて何も言わなかったという。

練習を再開し、これから夏合宿で走り込むという7月、主将の星はチームがバラバラだと感じた。「選手によって力の差はもちろんあるんですけど、パフォーマンスがバラバラでした。意識の面でも、僕自身もそうですけど、もし大会がなかったらと考えると、やっぱり苦しい練習を追いこむのは厳しいです」。改めて意識統一をする必要性を感じ、全体ミーティングを重ねた。

例年であれば、全体ミーティングは月に1回、もしくは大きな大会の前に長くて30分程度のものをしていただけだったが、とくにこの時期は週に1回、長い時には2時間にも及ぶミーティングを行った。目標は本当に総合3位でいいのか、そのために何をするべきか。全体ミーティングの前には4年生で学年ミーティングを行い、星だけに任せるのではなく、4年生全員がチームを支える意識で臨んできた。次ページは:多摩川5大学対校で危機感、全日本で大学新記録

1
/2ページ

フォローする