新谷仁美、発信に恐れはないのか 五輪実現へ胸中明かせる理由「間違いは言ってない」

引用元:THE ANSWER
新谷仁美、発信に恐れはないのか 五輪実現へ胸中明かせる理由「間違いは言ってない」

 陸上長距離種目の日本選手権が4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子1万メートルでは、新谷仁美(積水化学)は日本記録を18年ぶりに更新する30分20秒44で7年ぶり2度目の優勝を飾り、東京五輪代表に内定。2位に約50秒差のぶっちぎりでロンドン五輪以来2大会ぶりの出場を決めた。レース後は東京五輪の開催実現へ強いメッセージを送りつつ、アスリートが意見を発信することに「怖さはない」と言い切った。

【画像】この記録を予期していた!? 日本新のタイムが表示されたボードの横で「新谷半端ないって」と入った“特製横断幕”とともにVサインの新谷の実際の写真

 まさしく一人旅だった。3000メートル地点で後続を大きく引き離す展開。5000メートル通過タイムは15分07秒のハイペースだ。24分16秒で8000メートルを通過。苦しい表情を見せながらも、これまでの日本記録30分48秒89(2002年渋井陽子)を大きく上回る文句なしのタイムだ。レース直後は息を切らしながら顔をくしゃくしゃにし、両手を上げて喜んだ。

 レース直後の場内インタビューでは、胸の内を打ち明けた。「五輪というものは皆様が楽しみにされている。今後このご時世で、私たちアスリートのあり方が問われる。国民の皆様の声を聞いて、ただやりたいというだけではなく、私たちがそれ以上の最高のものを見せたい」とテレビ中継を通じてアピール。さらにオンライン会見でこう明かした。

「今回、東京五輪が開催されるかわからない状況ですが、東京五輪が終わっても、私たちの人生はまだまだ続きます。やっぱり安全性は本当に一生確保しないといけない。私たちアスリートだけがやれると信じても、このご時世でそれはただのわがまま。だからといって、やりたくないわけではない。

 やりたいけど、人の命がかかっている状態でやるのは考える必要があると思います。そこは国民の皆様と一緒に本当に納得できる大会にしたいからこそ、国民の皆様の声をしっかり聞いた上で私たちアスリートは発信しないといけない。本当に結果以上のものを出さないといけない」次ページは:生理の実情などSNSで積極的に発信「間違ったら指摘されるけど…」

1

/2ページ

フォローする