拝啓、香取慎吾様 ふとしたしぐさに見たパラへの欲求

拝啓、香取慎吾様 ふとしたしぐさに見たパラへの欲求

 拝啓、香取慎吾様

 東京都内のスタジオで慎吾さんと出会ってから、3年がたちました。連載を振り返ると、その時々の感情がよみがえってきます。馬に振り落とされないか、カヌーは転覆しないだろうか。2年前の韓国・平昌パラリンピックではサングラスなどで顔を隠すことなく空港に現れました。大勢の日韓のファンが詰めかけてパニックになるのを心配しましたが、さわやかに手を振る慎吾さんの姿に救われたことを今も覚えています。

【写真】対談前の撮影で、アーチェリーを手にポーズを決める香取慎吾さん(左)とパラアーチェリーの岡崎愛子選手(中央)、須藤扶美子さん

 先日、連載への感謝の思いを伝えたところ、こう返してくれましたね。「色々な体験、経験をさせてもらえるのは気持ちのいい時間。いいルーティンになっている。あっという間の3年だね」。多忙な中でも毎回の取材を楽しみにされていることを知り、安堵(あんど)と喜びで涙が出そうでした。

■肩を寄せたり腕に触れたり

 最も印象深いのは、対談した選手たちと積極的に触れ合おうとする姿勢です。

 取材前には必ず握手をし、撮影の際には肩を寄せたり、腕にそっと触れたりしていましたよね。当初はよくあるスキンシップと眺めていましたが、コロナ禍の今夏、その行動の意味を知りました。朝日新聞社

フォローする