コロナ禍で競技人生をかけて決断した、スイス合宿でつかんだ自信 パラ陸上・渡辺勝

コロナ禍で競技人生をかけて決断した、スイス合宿でつかんだ自信 パラ陸上・渡辺勝

4年前、大きな期待を寄せられながら“世界最高峰の舞台”にたどり着くことができなかったランナーがいる。パラ陸上の渡辺勝(凸版印刷)だ。ベテラン勢が多くを占める日本国内の車いすマラソンレース界で、トップレベルの実力を持つ若手の一人として著しい成長を見せてきた渡辺。しかし、2016年リオデジャネイロパラリンピックへの切符をつかむことはできなかった。もちろん、二の轍を踏むつもりはない。人生をかけて追い求めてきた東京パラリンピックへの切符。その本気度は、このコロナ禍でも薄れることはなかったーー。

計り知れなかった東京パラ延期で受けたショック

東京パラの延期が決まり、すぐに気持ちを切り替えられなかったという渡辺(撮影:越智貴雄)「あと1年……」

今年3月30日、東京オリンピック・パラリンピックの1年延期のニュースを目にした瞬間、渡辺は大きなショックを受けていた。もちろん、中止にならなかったことには安堵した。ただ、すぐに気持ちを切り替えることなどできなかった。それほど今夏にすべてを懸けて、身体も心もつくってきていた。

「東京が延期となったことを知った時は、正直気持ちの落胆は大きかったです。すごくしんどい思いをしながらトレーニングを積んできて、その成果が表れ始めて『よし、ここから切符獲得に向けてもう一つギアを上げていこう!』と思っていた矢先での1年延期でしたから……。ショックでしたし、また1年も同じ思いをするのかと。いや、これまで以上のことをやらなければいけないのかと思ったら、自分の気持ちが完全に切れました」

出場を予定していた3、4月のレースが次々と中止となるなか、4月7日には非常事態宣言が発令された。自宅での自粛期間中も、まったく走る気持ちにはなれなかった。「とりあえず走っておこうか」というような中途半端な考えを嫌う渡辺は、約1カ月半もの間、トレーニングはほぼゼロに近く、家族との時間を中心にして過ごした。東京パラ出場に向けて、トレーニングを重ねてきた渡辺(撮影:越智貴雄)しかし、それは自分を信じていたからにほかならなかった。

「絶対に走りたくなる時がくる」

心技体が一つの方向に向かう“その時”を静かに待っていた。

やがて、気持ちは競技へと向かっていった。

「こうなった以上、やるしかないよな」

自分の気持ちが少しずつかたまっていくのを確認しながら、5月に入ると徐々にトレーニングを再開させていった。次ページは:コロナ禍での単身スイス遠征への決意

1
/5ページ

フォローする