青学初優勝メンバー小椋裕介はハーフマラソン日本最高記録保持者に 世界への挑戦はこれからも

引用元:4years.
青学初優勝メンバー小椋裕介はハーフマラソン日本最高記録保持者に 世界への挑戦はこれからも

今回の「M高史の駅伝まるかじり」はハーフマラソン日本最高記録保持者・小椋裕介選手のお話です。青山学院大学ではユニバーシアード・ハーフマラソン金メダル。箱根駅伝では4年連続で7区を走り、チームの総合優勝に貢献。実業団・ヤクルトに進んでからもハーフマラソンで日本最高記録を樹立。世界に挑戦し続けています。

北海道から挑んだ全国の壁

北海道出身の小椋裕介選手。中学では野球部でしたが、陸上の大会に助っ人で出場したところ、全日本中学陸上に出場。決勝進出も果たしました。

「何もわからず、当時アップシューズしか持っていないくて、アップシューズで決勝も走ったんですよ(笑)。そこでボロボロに負けて高校はちゃんと勝負したいと思いました」と高校から陸上の道へ進みます。

札幌山の手高校に進み、全国高校駅伝では1年生ながら花の1区を任されました。「冬シーズンは太ってしまって、ボロボロ(区間45位)でした。北海道は冬場のトレーニングが限られています。外で走るにしても、積雪でスピードが出せないのでジョグしかできないんですよ」と北海道ならではのお話を教えていただきました。

2年生の時はライバルチームに負けて、都大路に出ることはできず。3年生ではさらに走力も上がり、12月の日体大長距離競技会で14分03秒96の北海道高校記録を樹立。迎えた都大路では1区で区間12位。「トラックの持ちタイムだけではなく、強さが必要だと痛感しましたね」

高校3年間については「キツかったですが、今の競技の土台となる経験が培われました」と振り返られました。

青山学院大学に進学、出雲駅伝優勝!

高校卒業後は青山学院大学へ。大学では北海道との気候の違いに苦労したそうです。「夏は暑さ、湿度に慣れるのが大変で、日本ってこんなに暑いんだって思いましたね(笑)。今は暑さにも対応できるようになってきましたが」

1年生の出雲駅伝でメンバー入り。「トラックシーズンは故障で走れず居場所がなかったような感じでしたが、なんとかメンバー入りしようと必死でした。メンバーに入って最初は5区の予定でしたが、3日前に1区になったんですよ(笑)。一生懸命走るだけでした!」

レースは前半区間が強烈な向かい風。「前に出たら疲れてしまうと感じ、長身の選手の後ろに隠れて走りました」という1区では、区間7位ながらもトップと6秒差の好走。3区のルーキー久保田和真選手(現・九電工)でトップに立ち、出雲駅伝初優勝! 青山学院大学として初の三大駅伝優勝でした。

「1年目で勝った嬉しさもありましたが、久保田がトップに立って注目されたので、同級生の活躍を見て自分ももっと、と思いましたね」 

初の箱根駅伝は7区。「完全に舞い上がっていました。強い向かい風の中、5km通過がトップだったのですが、足が止まって後半失速してしまいました」。区間14位と苦しい走りとなりましたが、この経験がその後の箱根駅伝につながったと言います。

2年目は出雲駅伝1区・区間4位、全日本大学駅伝4区・区間7位。箱根駅伝では前回に続いて7区を走りました。「前回走ったので落ち着いていました。苦手だった単独走の練習も積んできたんです。苦手ならやるしかないと思って距離走でも1人でスタートしたりして克服しました」。高校時代も含めて1区が多かった小椋選手。単独走の効果も発揮されて区間2位の好走でした。次ページは:3年生で箱根初制覇

1

/4ページ

フォローする