山梨学院大「名門復活のタスキ」競争促し、団結力と体力強化で改革

 17日に行われた第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会で、山梨学院大陸上競技部は7位に入り、本大会への復帰を決めた。昨年の予選会で惨敗し、本大会への連続出場が33で途切れたチームが、わずか1年で果たした雪辱。選手たちは11月1日に全日本大学駅伝への出場も予定するなど、34度目の箱根路に向けて準備を進めている。(高村真登)

第97回箱根駅伝 熱闘 予選会

「すべては勝つために」

10月17日の予選会で力走する山梨学院大の選手たち 「みんなが信頼できる強い選手になり、チームとしても成長できた」。予選会終了後、甲府市の同大キャンパスで行われた予選会の報告会で森山真伍主将(4年)は胸を張った。この1年、雪辱を果たすため、「All For Win(すべては勝つために)」というテーマを掲げ、勝つための改革を図ってきた。その柱となったのは、チームの団結と体力の強化だった。

 予選落ちした直後の昨年11月。選手たちは何が足りなかったのかを話し合った。そこで浮かび上がったものの一つが「チーム力の弱さ」だった。駅伝はチームスポーツ。走るときは一人でもタスキをつなぐ仲間がいて初めて成り立つ。しかし、斎藤有栄副主将(4年)は「昨年までは他学年と話す機会が少なく、一体感が欠けていた」と振り返る。そこで毎月1回、約60人の長距離部員全員が参加するミーティングを開催。練習の反省点などを報告し合った。さらに主力と控えの選手が一緒に練習する機会も設け、チームの意思疎通を深めた。

 これを機に各学年、主力や控えの選手の間で垣根が取り払われ、チームが一つになっていった。1年ながら予選会に出場した新本駿選手も「先輩たちは相談しやすく、頼りになる存在」と語る。飯島理彰・駅伝監督が「4年生が先頭に立ち、チーム全体で箱根を目指す雰囲気が出来上がった」と話すように、団結力が予選突破の推進力となった。

自己ベスト更新続々

予選会突破を報告する森山主将(中央)(17日、山梨学院大で) 「今年、箱根路に戻れなかったら二度と復帰できない」。もう一つの課題の体力強化には、飯島監督の危機感のもと、厳しい練習に取り組んだ。昨年の予選会では後半に選手が次々に失速。スタミナをつけるため、普段の練習から後半1キロあたり約30秒のペースアップを課し、長野県の高地で行った夏合宿では例年の約1・5倍の距離を走り込んだ。腹筋や背筋など体幹を鍛えるトレーニングにも日々時間を割き、後半も推進力を維持するフォームで走れる体を作り上げた。

 その結果、今秋に同大の練習場で行われた記録会では13人もの選手が1万メートルの自己ベストを更新。中でも記録を52秒更新した橘田大河選手(2年)は予選会で昨年の236位から46位へとリベンジを果たし、予選突破に大きく貢献した。「昨年は自分をアピールしたい気持ちがあったが、今年はチームで箱根に行くため、『1秒でも前へ』ということしか頭になかった」と語る。予選会でハーフマラソンの自己ベストをたたき出した選手は橘田選手を含め、出走12人中10人に上った。

 予選会前、飯島監督は「登録メンバーの14人を選ぶのに候補が25人ほどいる。これほどうれしい悩みはない」と話していた。昨年の悔しさを忘れずに主力から控え選手まで部員全員が一体となり、団結力と体力の強化を実現。まさに「All For Win」の言葉を体現し、箱根路の切符をつかみとった。次ページは:突破翌日から再出発

1
/2ページ

フォローする