石川、会心の自己ベスト 全国高校陸上・女子100M

引用元:時事通信
石川、会心の自己ベスト 全国高校陸上・女子100M

 女子100メートル決勝は、今月2日に日本選手権で3位に食い込んだ3年生の石川が実力を発揮した。追い風2.0メートルの好条件にも恵まれ、自己記録更新の11秒56をマーク。ともに同学年の強敵、2位の青山華依(大阪)と3位の石堂陽奈(北海道・立命館慶祥)に0秒1~0秒2ほどの差をつける会心の勝利。「プレッシャーはあったが、自己ベストで1番になれてうれしい」と笑顔を見せた。

 中盤から加速し、序盤にリードした青山を捉えた。新型コロナウイルスの影響で調整が難しく、日本選手権後は太もも裏の痛みとも闘っていたが「計画を立ててやることでタイムはついてくる、とプラスに考えた」。高校最後の全国大会を最高の結果で締めくくった。 

フォローする