為末大さん 来年開催の東京五輪の観客について「(選手は)こだわりはない」

引用元:スポーツ報知

 陸上男子400メートル障害日本記録保持者の為末大さん(42)が18日、都内で行われたトークイベント「MARUNOUCHI SPORTS FES 2020」に参加した。

 イベント後の囲み取材では新型コロナウイルスの影響で来年に延期となった東京五輪について言及し、「私が(意見を)やり取りしている選手の大半は基本として『(五輪を)やりたい』と思っている。観客についてはそんなにこだわりはない。どちらかというとプレーして、競争したい思いが強い」と語った。

 新型コロナウイルスは現在、再びヨーロッパを中心に感染が広がってきている。東京五輪の開催可否のタイミングについては「陸上に関しては(21年)2~3月くらいまで選手としては許容できると思う。ただもうちょっと早く、他のところへの迷惑を考えると決定されると思う。選手側の意見は陸上に関してはギリギリまで受け入れられると思う」と話した。報知新聞社

フォローする