「勝負強さに欠ける」という視線を跳ね返し…桐生祥秀の「勝ち」へのこだわりとプロ意識

引用元:Number Web
「勝負強さに欠ける」という視線を跳ね返し…桐生祥秀の「勝ち」へのこだわりとプロ意識

 勝ったのは、桐生祥秀だった。10月2日、陸上日本選手権の男子100m決勝。この舞台での優勝は実に6年ぶり2度目のことになる。タイムは10秒27と自己ベスト9秒98には程遠い数字だ。

【写真】坊主頭の高校時代から速かった桐生や疾走する美しき“153cmの女王”の写真をすべて見る(全7枚)

 それでも、「(優勝は)大きいです」と桐生自身も語るように、さまざまな意味のある優勝であった。

 近年、男子短距離の充実はめざましい。

 男子4×100mリレーにおいては、2016年のリオデジャネイロ五輪銀メダル、世界選手権では2017、2019年と2大会続けて銅メダル。もはやメダル獲得は珍しいことではなくなった。個人に着目しても、長年、挑戦が続いてきた10秒の壁を破った選手は3人現れた。

 その中心に、桐生はいた。

「勝負強さに欠けるのでは」という視線

 高校3年のとき、日本歴代2位(当時)の10秒01を出し脚光を浴びると、世界選手権にも出場。短距離個人種目では初めての高校生日本代表だった。

 大学4年生となった2017年には、日本学生陸上競技対校選手権で9秒98をマーク。日本で初めて、9秒台のタイムに乗せたのである。

 また、先に記した国際大会のリレーメンバーにもいつも名を連ね、メダル獲得に寄与してきた。

 ここ2年は、10秒0台を出す回数も増えた。地力が上がったことを示している。

 実績を築き、競技レベルも上げてきた桐生は、常に記録更新の期待が寄せられていたし、そして100mのレベルを向上させる役割も果たしてきた。

 一方で、桐生に対して「勝負強さに欠けるのでは」という視線が向けられることもあった。

 象徴的だったのが昨年までの日本選手権。国内大会では最も重要な、そしてそのシーズンの国際大会の選考もかかる大会で、2014年の初優勝のあとは勝利に手が届かなかった。

五輪代表には内定したが、レース後、涙を流した

 リオデジャネイロ五輪代表選考がかかった2016年は、直前の大会で10秒01の好記録を出して臨んだ。だが、レース中に右足にけいれんを起こした影響もあり3位。五輪代表には内定したが、レース後、涙を流した。

 2017年は4位にとどまり、同年の世界選手権100mの代表を逃すことに。

 2018年は準決勝を全体1位で通過しながら決勝は3位。アジア大会100mの代表入りはならなかった。

 2017年の日本選手権後の言葉が印象深い。

「(自分自身に)足をすくわれました」次ページは:「プロとして」といった趣旨の言葉を口に

1
/2ページ

フォローする