【大学駅伝】箱根駅伝予選会 順大がトップ通過、城西大、山梨学大、専大が復活、筑波大と中央学大が僅差で落選

引用元:月刊陸上競技
【大学駅伝】箱根駅伝予選会 順大がトップ通過、城西大、山梨学大、専大が復活、筑波大と中央学大が僅差で落選

 第97回箱根駅伝予選会は10月17日、東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース(21.0975km/1周約2.6km)で行われ、順天堂大学がトップ通過を果たした。

 冷たい雨が降り注ぎ、スタート前の気温が10度を少し超える程度という初冬を思わせるコンディションの中、46校が出場。各校10名以上12名以下の出走で、その上位10人の合計タイムで争い、10位までが第97回箱根駅伝の舞台に立つことができる。

 順天堂大学は序盤から10人通過順、合計タイムでも常に上位をキープする安定した走りを見せ、2位の中央大学に2分39秒差をつけて圧倒。10時間23分34秒で10年連続62回目の箱根路キップをつかんだ。

 中央大学は最多出場記録を94に伸ばし、前回出場を逃した城西大学が3位で2年ぶりの復帰。神奈川大学、国士舘大学、日本体育大学が連続出場を決め、前回初陣からの連続出場が33でストップした山梨学院大学が2年ぶり出場を決めた。法政大学、拓殖大学に続き、最後の10位に飛び込んだのは専修大学。7年ぶりの箱根路復活を果たした。

 前回26年ぶりに出場した筑波大学は18秒差で次点の11位と連続出場を逃し、37秒差で12位だった中央学院大学は連続出場が19で途切れた。

 第96回大会でシード権を獲得した上位10校と、予選会個人上位選手で編成される関東学生連合チームを含め、第97回箱根駅伝出場チームが出そろった。

第97回箱根駅伝予選会成績

1位 順天堂大学  10時間23分34秒

2位 中央大学   10時間26分13秒

3位 城西大学   10時間29分37秒

4位 神奈川大学  10時間29分59秒

5位 国士舘大学  10時間30分38秒

6位 日本体育大学 10時間30分49秒

7位 山梨学院大学 10時間30分50秒

8位 法政大学   10時間33分31秒

9位 拓殖大学   10時間33分46秒

10位 専修大学   10時間33分59秒

※以上、箱根駅伝への出場権獲得

11位 筑波大学   10時間34分17秒 18秒差

12位 中央学院大学 10時間34分36秒 37秒差

13位 麗澤大学   10時間36分07秒

第97回箱根駅伝出場校

■シード校

青山学院大学 13年連続26回目

東海大学   8年連続48回目

國學院大學  5年連続14回目

帝京大学   14年連続22回目

東京国際大学 4年連続5回目

明治大学   3年連続62回目

早稲田大学  45年連続90回目

駒澤大学   55年連続55回目

創価大学   2年連続4回目

東洋大学   19年連続79回目

■予選会通過校

順天堂大学  10年連続62回目

中央大学   4年連続94回目

城西大学   2年ぶり16回目

神奈川大学  11年連続52回目

国士舘大学  5年連続49回目

日本体育大学 73年連続73回目

山梨学院大学 2年ぶり34回目

法政大学   6年連続81回目

拓殖大学   8年連続42回目

専修大学   7年ぶり69回目

関東学生連合月陸編集部

フォローする