“東京五輪代表・鈴木亜由子の大学4年間” 支えた指導者の力に迫る(後編)

“東京五輪代表・鈴木亜由子の大学4年間” 支えた指導者の力に迫る(後編)

東京五輪女子マラソン代表・鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)。女子マラソン・駅伝ファンならほとんどの方が知っているだろう。昨年9月15日に行われたMGCで2位となり、東京五輪マラソン代表となった。4年前のリオ五輪でも5000m・10000m代表、世界選手権(2015年・2017年)でも代表を経験した。仙台で行われるクイーンズ駅伝(全日本実業団女子駅伝)でも2度の優勝、日本選手権やクイーンズ駅伝のポスターにも登場する日本女子長距離界の”顔”だ。

鈴木選手は中学時代に「天才少女」として注目されたが、高校時代は故障で低迷。名古屋大学で見事に復活したのだが、彼女は4年間をどのように過ごしたのだろうか。当時名古屋大学の監督として鈴木選手を指導した金尾洋治氏に当時について伺った。前編では大学時代の実績と学業との両立とそれを支えた金尾氏の指導内容、中編では飛躍の要因、強さの秘密と金尾氏の指導方針に触れた。金尾氏の独特の指導方針や信念はどんな経験から生まれたものなのだろうか。後編では指導方針が生まれた背景に迫る。

金尾氏はなぜ大学の指導者になったのか?~名門校の誇りと苦悩~

▲広島県出身の金尾氏の研究室には広島カープのポスターが張られている(筆者撮影)――金尾さんはなぜ指導者になろうと考えたのでしょうか?選手としてどのような経験があったのでしょうか?

私が世羅高校に入学したときはチームの中で一番弱い選手でした。自宅から学校までの6kmを毎日走って通学する努力を重ね、2年生の時全国高校駅伝の優勝メンバーになれました。その努力は当時の監督だった新畑茂充さんにも認められ、著書で取り上げていただけました。

一方、高校駅伝で当時の高校新記録で優勝したにも関わらず、多くのメンバーが大学進学後に結果を残せませんでした。「世羅出身者は高校で練習をやり過ぎているから伸びない」と言われたこともありました。

私は「そんなことは絶対にない」と思っていた。私よりずっと強い選手たちも練習量は私よりずっと少なかったですから。大学での指導に課題があると考え、自分が大学の指導者になろうと考えました。

私自身は箱根駅伝に出場している関東の大学からも誘いがありましたが、受験して国立大学に行きたいと思い広島大学に進学しました。大学では指導者不在で練習メニューは自分たちで決めており、甘さがありました。全日本大学駅伝に出場しましたが、先頭の大学とは1km走ると100mの差がつくレベル差。その面でも指導者の重要性を痛感しました。

――世羅高校出身者はなぜ伸び悩んだのでしょうか?

指導者と良い関係を保てなかったのだと思います。大学に入ると体の成長が止まり、高校時代のようには記録が伸びなくなる。一方で無名の高校の出身者が記録を伸ばしていく。その状況で周囲から「世羅高校出身だと伸びない」という言葉を聞く。そうして「指導者もそう思っているから、自分をちゃんと指導しない」という不信感を持ち、競技から気持ちが離れてしまったのではないでしょうか。次ページは:指導者への道のり~苦難を乗り越え指導者に~

1

/3ページ

フォローする