来年の東京マラソン、10月に延期 一般参加枠は維持

来年の東京マラソン、10月に延期 一般参加枠は維持

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、来年3月7日開催を予定していた東京マラソンについて、主催する東京マラソン財団は9日、来年10月17日に延期すると発表した。トップ選手らが争う「エリートの部」に加え、一般ランナーの参加者約3万8千人規模も維持して実施するという。

 都内で同日開いた財団の臨時理事会で決定した。財団関係者によると、国内外でコロナの感染が収束しないなか、3月に国際大会を開くことへの懸念が根強くあったという。臨時理事会では、再来年の大会を3月6日に開催することも決めた。

 東京マラソンは、国内最大規模のランナーが参加する大会として知られる。今年3月の前回大会は新型コロナの影響で、一般参加枠を中止し、東京五輪の代表選考会を兼ねたエリートの部のみで実施された。主催者は沿道での観戦自粛を求めていたが、7万2千人(主催者発表)が集まっていた。朝日新聞社

フォローする